金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

サイトマップ

金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

お口の中にも金属材料は使用されている

豊かな時代になった今、身の回りを見渡すと家具や電化製品やインテリアに囲まれており、快適で心地よい暮らしを支えてくれています。その材料を大きく分けると、地球資源を使ったものと、人工的に作られたものに大別できます。木材、布、金属などは天然のものも多く、プラスチックなどは人工的に作られたものの代表です。しかし石油が材料と考えれば、また違った見方ができるでしょう。
木材や布などはパッと見て気が付きやすい材料ですが、実は想像以上に多く使われているのが金属材料です。そしてこの金属は、お口の中にもあります。虫歯で削った歯に使用されている詰め物や被せ物も、金属材料です。歯医者さんでゴムの様な材料で歯の型を取ってもらい、自然な噛み合わせの詰め物や被せ物を作ってもらったことがある方も少なくないでしょう。
歯科の世界では近年において、金属材料の補綴物と並行して、審美性の高い材料も登場しています。口を開けた時に金属は目立ちやすいため、セラミックなど白い材料で選ばれる方も増えています。高額治療になりますが、目立つ場所なら生涯満足感が高い選択が理想と言えるかもしれません。金属材料が口の中にあると言われてもピンとこない方が多いかもしれませんが、詰め物や被せ物と言えば、金属もより身近な存在に感じられます。

ピックアップ

インフォメーション