金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

サイトマップ

金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

工業材料としての金属材料の種類について

工業材料の一種である金属材料ですが、具体的にどのような種類があるのかまでは把握していない方が多いのではないでしょうか。
金属材料の中にも色々と種類があり、それぞれ異なった用途や特徴があるので、軽くご紹介します。
まず、金属材料は主に2つに分けることができるというのを、ご存知でしょうか。
金属材料は、鉄鋼と非鉄金属の2つに分かれているのです。
これは読んで字のごとく、鉄の含まれた金属とそれ以外の金属ということです。
鉄鋼の場合は一般的に広く使われているのは鋼とステンレスの2つです。
この2つは両方とも鉄が含まれている金属材料で、安価で工業材料としては非常に優秀であるため、様々な現場で使用されています。
次に非鉄金属の方ですが、こちらも様々な種類の物があります。
こちらのカテゴリーについては鉄の使用されていない金属材料の全てが含まれるため、非常に多種多様です。
そのうち工業材料としてよく使用されるポピュラーな物は、軽金属であるアルミニウムやチタン、ベースメタルである銅や亜鉛、レアメタルであるニッケルやクロム、貴金属である金や銀などです。
ただし、工業材料として使用する場合はこれらの金属を色々と混合した合金が使用されるのが殆どです。

ピックアップ

インフォメーション