金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

サイトマップ

金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

身近な金属材料であるアルミニウムの特徴

皆さんは「金属材料」と聞いた時にどのような金属が思い浮かぶでしょうか。
一口に金属材料といっても様々な種類があるため、何が思い浮かぶかは人それぞれでしょう。
しかし、金属材料の中でも特に身近で思い浮かび易い物といえばやはり、アルミニウムではないでしょうか。
アルミニウムは身近にある様々な物に使用されている金属材料です。
たとえば、どこの家にも必ず存在する窓やドア。
そういった所にもこのアルミニウムという金属材料は使用されています。
窓のサッシや扉、さらには車のパーツなどにまでアルミニウムが使用されていて、まさに日常生活に欠かせない非常に身近な金属材料なのです。
では、そんなアルミニウムというのはどのような特徴を持った金属材料なのか。
工業材料としてアルミニウムを使用する場合、純粋なアルミニウム以外にも他の金属とアルミニウムを混ぜた合金などが多く使用されます。
純粋なアルミニウムについては強度が低い代わりに熱伝達や溶接性に優れていて加工がしやすいため、電化製品のパーツなどによく使用されています。
そして、そのアルミニウムに他の金属を混ぜて合金にすることによって、強度をアップしたり見た目を美しくしたりして、様々な用途が生まれるのです。

ピックアップ

インフォメーション