金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

サイトマップ

金属材料はどんなところで使われている?アクセサリーから建物まで!

金属材料を使った手作りアクセサリー入門

アクセサリーのパーツ

アクセサリーを自分で作ると言うと難しく感じるかもしれませんが、意外とハードルは高くありません。
豪華で派手なものはたしかに難易度が多少高いですが、シンプルな金属材料のアクセサリーなら想像以上に簡単に作れるので、簡単なものからチャレンジしていきましょう。

材料は紐やチェーン、金属材料でも加工しやすい真鍮やアルミの板の2つから始められます。
工具としては糸鋸、金属用のキリ、彫金用のタガネ、仕上げ用にヤスリか磨きベラが必要になります。
また工具とは違いますが、怪我をしないように、厚手の服や軍手を身に着けておくと安全です。

まずは金属材料の板から、糸鋸で幅3cm長さ5cm程度の適当な大きさに切り出します。
そうしたら端の方に紐を通す穴を開け、タガネで好きな文字や絵柄を彫り、外側の角をヤスリや磨きベラで丸く整え、最後に紐を通せば完成です。
彫金は紙に何かを書くのとは勝手が違うので最初は上手く行かないかもしれませんが、失敗したものでも彫金の練習に使い、2回3回とチャレンジすればすぐにコツは掴めるでしょう。

この作り方ではシンプルな物しか作れませんが、簡単な物でもアクセ作りに成功したという体験が重要です。
そうして段階的に工程を増やしたり違う作り方にも挑戦すれば、いつか人に自慢できるアクセサリーも作れるでしょう。

シルバーアクセサリーは金属材料でできている

指輪やネックレスなどのアクセサリーはお洒落なコーディネートに欠かせないアイテムで、高価なものから安価なものまで幅広く揃っています。デザインもカラーも多彩な中から選べますから、センスを活かしてお洒落を楽しめるアイテムとも言えます。指輪やネックレスは素材も豊富にありますが、一般的によく使われているのは金属材料です。輝きがある金属材料としては、金やプラチナのアクセサリーが人気です。
一方、銀の金属材料で作られているのが人気のシルバーアクセサリーです。パワーストーンを使った指輪やネックレスが大変多く、独特の金属色が魅力です。このシルバーアクセサリーはお手頃価格で購入できる点も人気の理由で、石の種類を変えてコレクションされる方もいます。磨くことで輝きが出る金属ですから、時折磨いてコレクションを眺める楽しみ方もあるでしょう。
シルバーアクセサリーに関心が高い方は、専門の教室やスクールに通うことで技術を身に着けることも可能です。金属であるシルバー材料に熱を加え成形する作業は、クリエイティブそのものです。知識と技術をしっかり身に着けて経験を積めば、憧れのモノづくりの職人も目指せます。アクセサリー作りに興味がある方は、そんな道を目指してみてはいかがでしょうか。

世の中の建物を支えている金属材料

一般的な家屋を見ると木造建築が多いのですが、ビルや大型の集合住宅などは金属材料の鉄骨が内部に使われており、建物を支える役割を果たしています。地震が多い日本においても、金属材料の鉄骨を使った建物は耐震性に優れていることが分かっています。一般的な家屋でも、耐震性や長持ちする家を考えてこの構造が選ばれているケースも少なくないようです。
鉄骨の金属材料は内部に入っているため普段は目にしませんが、ビルの建設現場で見かける機会があるのではないでしょうか。また木造家屋でも基礎部分の工事では、強度を高める手段として金属材料の鉄筋を入れていることはご存知でしょうか。住宅の基礎工事で、その鉄筋が入っている光景を見かけたことがある方も多いでしょう。建物の接合に使う材料やネジ類も金属でできていることを考えると、世の中の建物を支えている材料と言っても過言ではありません。
金属の印象と言えば、どこか冷たいイメージがありますが、私たちの生活の身近な部分にも様々な金属が存在します。ボールペンの先やネジ、パソコンのパーツ、スプーンや調理器具など、あげるとキリがないほどです。以上のように金属は、建物のみならず私たちの生活に無くてはならない存在となっています。

ピックアップ

インフォメーション